施工事例

リフォーム・リノベーション

水廻りリフォーム トイレの簡単リフォームとホームステージング ①

最近の新築賃貸物件はトイレもお洒落になっています。

賃貸物件を内覧に来られたお客様にとって、水廻りは大きなチェックポイントです。

特に、トイレは第一印象で良い印象をもっていただくと、お部屋の成約に大きく近づく事となります。

 

今回は、築古の賃貸マンションのトイレリフォームです。

下の画像は、リフォーム前です。賃貸物件では在り来たりな標準的なトイレです。

可もなく不可もなくというトイレですので、内覧されたお客様には、恐らく記憶には残らないと思われます。

そこで、低コストでこのトイレを、リフォームしてみます。

 

有限会社オークファームは、低コストのリフォームを得意としていますので、

今回のトイレも、最低限にてリフォームしました。

リフォーム完了後にホームステージングを施工したトイレが下の画像です。

大きな変更点は、床のクッションフロアの変更です。

このクッションフロアを変更するだけで、トイレの印象が劇的に変わります。

トイレの床面積も、1平方メートル程なので、クッションフロアの材料費も僅かです。

トイレは床面積が狭いので、実はリフォームする上で、コストパフォーマンスの良い場所なのです。

ウォシュレットは、今や標準装備的な設備なので、新規取付しました。

タオルハンガーと、トイレットペーパーホルダーも、床を木目調のクッションフロアーへ変更したので、交換しました。

せっかく床が変わったのに、トイレットペーパーホルダーが以前のままだと、内覧されたお客様への印象がアンバランスになってしまいます。

 

最後に、壁に棚を取り付けて完了です。

トイレはかなり色々な物を置きます。

おしゃれな方は、小物で飾るでしょうし、トイレットペーパーや清掃用具等も置いたりします。

でも、ちょっと築古な賃貸物件は、トイレには収納が無い場合が多いです。

収納が無いので、よくある事例は、つっぱり棒やつっぱり棚を入居者様が自分で用意して物置を確保されます。

入居者様が棚板を壁に取り付けるのは、基本禁止が賃貸住宅です。

そこで、リフォームにて、事前に棚を設置します。

最初から棚があれば、入居者様の不要な費用負担を無くす事ができます。

棚の設置は、家主様の費用負担も僅かです。

また、棚が設置されていることで、ホームステージングに棚を活用する事ができます。

 

有限会社オークファームは、リフォーム後にホームステージングにて、入居促進対策を行うことも出来るので、

棚を活用したトイレのホームステージングで、内覧者様に印象を深く残す事が可能です。

トイレの簡単リフォームにご興味をお持ちいただきましたら、お気軽に弊社までお問合せ下さい。

 

 

 

 

 

 

 

ページトップへ