新着情報

コラム

空室対策と入居決定促進にホームステージング

はじめまして。有限会社オークファームの椋本(むくもと)です。

 

弊社は賃貸物件のリフォームやリノベーション、

ホームステージングを主として、お仕事をさせて頂いています。

 

また、賃貸物件の空室対策のご相談も受けて、お仕事させて頂いております。

 

今回のコラムでは、賃貸物件の空室対策として

ホームステージングをご紹介させていただきます。

 

ちなみに私は、一般社団法人 日本ホームステージング協会 の

ホームステージャー 1級を取得していますので、

弊社、オークファームにて施工させて頂くホームステージングは

私がすべて対応させて頂いています。

空室対策のホームステージングとは

賃貸物件の空室対策。

「空室対策」って漢字4文字で、一言で終わってしまいますが、対策方法はたくさんあります。

思い切って家賃を下げることも、空室対策です。

お部屋を、リノベーションすることも空室対策です。

今、入居していただいているお客様への行動も、空室対策です。

 

多数の空室対策で、今回ご紹介するのは、

空室対策としての「ホームステージング」です。

 

ホームステージングについては、以前のコラム「ホームステージングとは?」

でも記述していますが、

元々は、アメリカで30年以上前から行われている住宅の販売手法です。

家具やインテリア、小物などを使い、計算された配置により、その物件の価値を高めます。

物件の価値を高めることで、売却期間を早めたり、売却価格を高くする事を目的とする手法です。

 

例えば、分譲マンションのモデルハウスは、家具やインテリア等でお客様がそこで生活した時のイメージを

膨らませるように、素敵に演出されています。

せっかく「購入してみようかな」という思いでモデルハウスを訪ねても、

住んでみたいと思わないと、購入へのスタートとなりません。

購入したいと思ってもらう手法がホームステージングです。

 

このホームステージングの手法を、賃貸物件の空室対策に取り入れたのです。

 

お部屋探しをしているお客様が、きれいにリフォームされたお部屋を

訪問した時に、生活感のない空っぽのお部屋だと、

お客様には「綺麗な部屋だな。」とか、「広い部屋だな」位にしか感じていただけないかもしれません。

下の画像がリフォームが終わったお部屋で、ホームステージングは施工していません。

きれいにリフォームが完了したお部屋ですね。

 

でも、次の画像はホームステージング後の画像になります。

部屋の雰囲気は、急激に変わります。

 

「ふーん、広い部屋だな。きれいだな。」という気持ちを、

ホームステージングをおこなうことにより、

内覧者様の生活のイメージを膨らませて、

「素敵な物件だな。ここに住んでみたい。」と感じてもらう部屋へと

お部屋の価値を高めるのです。

 

また、インターネットで賃貸物件の仲介サイトを検索する時にも、

表示された画像が、ホームステージングされた部屋であれば、

家具等を置いていない部屋よりも、お部屋探しをしているお客様の目に留まる効果があります。

「このお部屋を、見学したい」と思っていただければ、チャンスです。

 

真っ白な壁紙の部屋でも、ホームステージャーがきっちりとプランニングを行うことで、

下の画像の部屋になります。

つまり、リフォームに費用を掛けなくても、ホームステージングのみでも、

空室対策に大きな効果を発揮することが出来ます。

 

ホームステージングも費用は必要ですが、多額のリノベーションを行うよりも

少ない費用で行うことが可能です。

 

以上、ホームステージングを使った、空室対策でした。

 

弊社、オークファームでは、賃貸物件の空室対策にホームステージングを取り入れています。

ホームステージングに興味ある家主様、お気軽に弊社までお問合せ下さい。

ページトップへ